logo

ドコモのクレジットカード

ドコモのクレジットカードの種類

ドコモが発行するクレジットカードはdカード(旧DCMX)と dカード GOLD(旧DCMX Gold)という名称のカードが2種類あります。

旧カード名称のDCMXは「D」o「c」o「m」oと社名から3文字と、最後の「X」部分は「未知数」という意味も含まれていて、DCMXはdocomoがクレジットカードの分野で、大きく羽ばたいて行きたいという願いから名付けられたカード名称となっていました。

2015年11月20日より、プログラム名称とサービスが大きく変わり、新しいポイントプログラムを受けられる dポイントカード と一体になったクレジットカードにリニューアルをしています。

Docomoユーザーにとってのおトク度は変わらずに、Docomoユーザー以外でもおトクになってしまう脅威のポイントプログラムになり、よりおトクなクレジットカードに変貌しました。

dカード(旧DCMX)と dカード GOLD(DCMX GOLD)のそれぞれの簡単なスペック比較は以下のとおりです。

ドコモのクレジットカード基本情報比較

カード名 dカード(旧DCMX) dカード GOLD(旧DCMX GOLD)
カードフェイス
国際ブランド VISA、MasterCard VISA、MasterCard
年会費 初年度 無料
次年度以降 1,250円(税別)
※前年1回以上利用で無料
初年度 10,000円(税別)
初年度 10,000円(税別)
還元率 1.000%〜1.000% 1.000%〜10.000%
審査・発行 最短5日 最短5日
電子マネー iD iD
携帯電話の還元率 1% 10%
その他店舗での還元率 どちらも変わらずおトク!
その他 - 最新ケータイ先行予約
ケータイ購入ご優待券
空港ラウンジの利用
海外旅行保険最大1億円

ゴールドと通常どっちがおトク!?

dカードのゴールドカードと通常のdカードどっちがより還元率が高いクレジットカードなのか見ていきたいと思います。

まず、いづれのカードも1.000%の還元率となっていますが、これはDocomo関連のサービス以外を利用した場合です。Docomo以外のサービスではどちらも同じ還元率となっているため、見比べる際に重要なのは、ドコモ以外でどれだけの金額利用するかです。

そのため、この2つのカードを見比べる場合、そのあたりを考慮し、以下の様な条件で見比べていきます。

  • ・通常のdカードカードは年会費無料として計算(前年1回以上の利用で年会費無料のため)
  • ・Docomo関連のサービスで決済をした場合のみを比べて計算
  • ・ポイントの交換レートはdカード(iD)にした場合(2,000ポイント=2,000円のため、1ポイント=1円)で計算

上記条件下で比較していくと、dカードカードは年間1%の還元率が通常となります。そしてdカード GOLDカードは、年間10%−10,000円(年会費/税別)となります。

例えば年間1万円しか利用がなかった場合は以下のようになり、通常のdカードカードがおトクとなります。

  •  dカードカード=10,000円(利用金額)×1%(還元率)=100ポイント=100円
  •  dカード GOLD=10,000円(利用金額)×10%(還元率)=1,000ポイント=1,000円 1,000円ー10,000円(年会費)=-9,000円

このように年間1万円しかDocomo関連のカード利用がなかった場合、dカード GOLDは赤字となってしまい、おトクなカードでなく、dカードカードのほうがおトクなカードとなります。

しかし、携帯やプロバイダ料金が年間1万円だけのことはほぼ無いでしょう。「じゃあ、どれぐらいになればdカード GOLDのほうがおとくなの??」お任せください。しっかり計算しました。

年間のDocomo関連の利用料金が111,111円を超える場合、dカード GOLDのほうがおとくになります!それでは、この金額を使った場合の2つのカードの見比べてみましょう。

  •  dカードカード=111,111円(利用料金)×1%(還元率)=1,111ポイント=1,111円
  •  dカード GOLD=111,111円(利用料金)×10%(還元率)=11,111ポイント=11,111円 11,111円ー10,000円(年会費)=1,111円

どうでしょう。年間111,111円利用すると2つのカードの還元が同等となるため、年間111,112円以上使う場合はdカード GOLDのほうがおトクになります!

年間111,112円は約月間9,259円となりますので、「約月間9,259円はDocomo関連で利用している!」と思う方はdカードカードを強くオススメします!

また、dカード GOLDは還元率の高さだけでなく、様々な付帯サービスがかなり充実していますので、付帯サービスを屈指することで利用金額が若干少なくてもdカード GOLDのほうがおトクなカードとなることもあるでしょう。

ちなみに、年会費は税抜計算のため、税込金額の場合(税率8%で計算)は、約10,000円/月が2つのカードの損益分岐点となります(・∀・)

Docomoユーザーに限りですが、超絶おトクなカードの詳細は以下からご確認ください!!

dカード GOLD(旧DCMX Gold))

ドコモの携帯電話を使っているユーザーとって必須の1枚!年会費が気にならないほどの充実した付帯サービスとポイント還元率!

dcmx-gold
年会費(2年目以降)(税抜) 10,000円(10,000円)
還元率の目安 1.000%〜10.000%
ETCカード 年会費無料 海外旅行保障(国内) 最大1億円
最短発行日数 最短5日 ポイント有効期限 24ヶ月
bt1_1
bt2_1

dカード(旧DCMX)

dカード Gold(旧DCMX Gold))の年会費が気になる方はこちらの1枚!ドコモの携帯料金を決済するだけで知らぬ間にポイントがザクザク!

DCMX
年会費(2年目以降) 無料*(無料*)
還元率の目安 1.000%〜5.000%
ETCカード 年会費無料 ※2 海外旅行保障(国内) 付帯なし
最短発行日数 5日 ポイント有効期限 24ヶ月
bt1_1
bt2_1