logo

ベトナムでのクレジットカード事情

ベトナムはどんな国?

ベトナムは、経済的発展が著しく進んでいる国です。

そのため、ハノイやホーチミンなど大都市は、大規模なショッピングセンターがあり、生活はかなり便利です。

観光地に行くとスリ等の被害にあうこともありますが、基本的に治安はよい国です。

都市部を離れると、道路が整備されていないところが増え、生活水準も低くなります。

ベトナムでのクレジットカード利用は?

ベトナムでは、中所得者~高所得者は、クレジットカードで買い物をする人が多いです。スーパーやコンビニエンスストアは、基本的にカードを使うことができます。

レストランは、所得が高い人向けのところでしたら、だいたい使えます。

小売店の場合、比較的高額な商品を扱うチェーン店であれば、使える可能性が高いです。

ただ、個人経営の商店だとクレジットカードは使えません。

また、観光客が多く集まるところはたいがい使えますが、市場は難しいです。

ベトナムには、小さなローカル食堂がたくさんあり、フォーのようなベトナム料理はそこで食べます。

この手のお店では、カードは使えません。

都市部のベトナム人は、紙幣よりカードで買い物をする人の方が多い印象です。

ただ、都市部を離れると、カードを使うことができるお店はほとんどなく、カード所有者もいません。

ベトナム現地でクレジットカードを作ることはできるか

現地の銀行で、クレジットカードを作ることができます。

現地で日本人が作るとなると、「外国人」に区分されるので、日本よりも書類の準備が面倒です。現地の会社で勤務し、一定の収入があることを証明する必要があります。

必ず必要なのが「労働許可書」。「就労ビザ」の取得が分かる状態のパスポートも必要です。

そのうえで、自分の収入を証明する書類。

例えば、銀行口座の振り込み記録などがそれに該当します。勤務していることを証明する会社の実印入りの書類(ベトナム語か英語)も求められます。

ベトナムは、誰が対応するかで難易度が変わるので、運が悪いと、なかなか書類の審査が通りません。ベトナム人と一緒に申し込みに行くことがおすすめです。

ベトナムでクレジットカードキャッシングを使うにはどこで使うか、手数料はかかる?

海外キャッシングに対応していれば、ベトナムのローカル銀行のATMでお金を引き出すことができます。

VISAやJCBなど、対応するカードのシールが貼ってあるので、すぐにわかります。

ATMは、都市部であれば、銀行の外、スーパーの近く、ショッピングセンターのなかなど、いろいろなところにあります。

銀行の種類がかなり多いので、安心できるところ、手数料が安いところなど、自分の基準で使い分けます。

クレジットカードキャッシングの手数料は銀行によって異なります。

ベトナム最大手のVientinbankは約300円。Vietcombankは、手数料が付かないとのこと。

また、大手ではありませんが、Agribankは100程度と安めの手数料です。

ただ、外貨での支払いになるので、クレジットカード会社に支払う手数料が発生します。

ベトナムでVISA、マスターカード、アメックス、ダイナース、JCBカードはそれぞれ使うことができるか?

ベトナムで最も使いやすいものがVISAです。

クレジットカードの決済端末があるところなら、ほとんど使えます。

また、マスターカードも使える確率が高いブランドです。

JCBは、日本のブランドなので、やや難。

日本人がたくさんいる観光地や居住地のあたりのお店であれば、使いやすいです。

しかし、都市部でも日本人が少ないエリアでは、限定的になります。

アメックスやダイナースもJCBと同じように特定の国のブランドなので、観光地やビジネス街を離れると、使えないお店が増えます。

カードブランドでお得な特典、サービス

ベトナムは、クレジットカードを使う人が増えているとはいえ、まだまだ浸透の途中なので、カードブランドならではなの特典に出会うことは、今のところありません。

しかし、ベトナムで仕事をしている人は、日本とベトナムを往来することが多いので、ANAやJALのような航空会社のVISAカードを作り、マイルをためていることが多いです。

日本人がベトナムで生活するうえで、お世話になることが多いのが、イオンモール。

ハノイに1店舗、ホーチミンに3店舗あり、規模もかなりのものです。

ここで使えるのは、VISA、JCB、マスターカードのみです。

アメックス、ダイナースは使えません。

日本人的には、この3つのブランドが使えれば、不自由しないと思います。

ローカルスーパーのVinmartは、どの店舗でもVISAは問題なく使えますが、JCBは使えませんでした。

チップの支払いはあるか?クレジットカードで払える?

ベトナムでは、チップを支払う習慣は、基本的にありません。

高級なホテルやレストランも、チップを払うという雰囲気ではありません。

気持ちとしてチップを払う場合も、5万ドン(250円程度)くらいまでの金額になるので、ベトナム紙幣で十分に足りる金額です。

そのため、クレジットカードでチップを払うこと自体、必要となるタイミングはないかと思います。

ベトナムでクレジットカードを使う上で注意点はなにかあるか?

ベトナムでクレジットカードを使うと、不審な利用と思われがちで、メールに警告が来ることが多いです。被害が多いことのあらわれなので、定期的に利用状況は確認した方がいいです。

両替に使うのも便利ですが、観光旅行者向けのサービスだと思います。ベトナムで仕事をしていると、日本基準の手数料はかなり痛手。顔見知りの両替屋さんや行きつけの銀行を見つけた方が効果的です。

ベトナムでのクレジットカードトラブルエピソード

ベトナムでは、「取り扱っています」を意味するシールでサービスの有無を伝えます。

しかし、お店の人が、単なる雰囲気づくりや客引きのためにシールを貼っていることがあり、いざ支払おうとしたらクレジットカードが使えないことがあります。

ベトナムの商売人は商売に熱心です。「VISAは使えるか」と聞くと「使えると」返答したのに、本当はカードが使えない。

支払いの段階までもっていき、「現金があるだろう」と財布を指さす、というやり口にあったことがありました。

執筆者紹介

田中実

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー

法学部を卒業後、金融機関在職中にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。退職後、独立系ファイナンシャルプランナーとして仕事に従事。ライフプランの相談は随時行っている。

クレジットカードは20枚程度持っており、クレジットカードに関する知識も豊富。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA