logo

ライフカードチャレンジカードの特徴は?メリット・デメリットも解説

ライフカードチャレンジカードとは

消費者金融アイフルの子会社であるライフカード株式会社では、ライフカードチャレンジカードというラインナップを用意しています。

また、ライフカードチャレンジカードには「スタンダード」「ゴールド」「ノワール」と3つのラインナップがあります。

でもやっぱり審査がどうしても不安な方は、以下カード、キャッシングカードもおすすめです。

<当サイトオススメ!>ACマスターカード

業界最大手、そして三菱UFJフィナンシャル・グループで安心のアコムが発行するクレジットカード!「年会費無料」「最短即日」カード発行可能。審査が不安な方向け!ご利用明細の送付はなし!カード券面にアコムの名前が無いので通常のクレジットカードとして使用できます!

acmaster
年会費(2年目以降)永久無料
還元率の目安0.25%
ETCカード-海外旅行保障なし
最短発行日数審査最短30分即日発行ポイント有効期限-

SMBCモビット

実質年率3.0%〜18.0%
最短融資時間最短即日
限度額800万円
審査時間10秒簡易審査収入証明不要限度額-

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※本人に安定した収入のある方であれば、SMBCモビットへの申込みが可能です。
※三井住友銀行のローン契約機なら即日でカード発行可能。

ライフカードチャレンジカードのカードスペック

年会費 5,000円
国際ブランド MasterCard
申込資格 国内に住んでいる18歳以上(高校生は除く)の方、電話連絡可能な方
ポイント還元率 0.5%
カード利用限度額 10~20万円
キャッシング利用限度額 なし
付帯機能(電子マネー) なし
追加可能カード ETCカード、家族カード
最短発行日数 3日

ライフカードチャレンジカードの年会費

通常ライフカードの年会費は無料ですが、ライフカードチャレンジカードでは、5,000円(税抜)の年会費が必要です。

初年度の年会費はライフカードチャレンジカードが、自宅に届いたときに代金引換で支払いします。

次年度以降の年会費の支払いは口座からの引き落としです。

国際ブランド

ライフカードチャレンジカードで選べる国際ブランドはMasterCardのみです。VisaブランドやJCBブランドは選べませんので注意してください。

申込資格

ライフカードチャレンジカードの申込資格は「国内に住んでいる18歳以上(高校生は除く)の方」「電話連絡可能な方」となっています。

付帯機能

ライフカードチャレンジカードには電子マネー機能がありません。キャッシング機能なし、ショッピング機能のみのクレジットカードとなります。

追加可能カード

追加可能カード

ライフカードチャレンジカードの追加可能カードにはETCカード、家族カードと2種類あります。ともに年会費無料で追加可能です。

最短発行日数

ライフカードチャレンジカードでは、オンラインで入会手続きが行えます。混雑状況や審査状況によって異なりますが、オンライン入会後、最短3営業日で発行です。

カード発行後に郵送で自宅に届けられる関係上、1週間ほどは見ておきましょう。

ライフカードチャレンジカードの特徴、特典について

ライフカードチャレンジカードには次のような特徴、特典があります。

お誕生日月ポイント3倍

ライフカードチャレンジカードはお誕生日月ポイント3倍の対象です。誕生月にカードショッピングすると、基本ポイント還元率0.5%から1.5%へとアップします。

ライフカードチャレンジカードは、誕生月用のサブカードにも魅力が大きいです。

初年度ポイント1.5倍

ライフカードチャレンジカードは初年度ポイント1.5倍、ポイント還元率0.75%になります。まとまった金額のカードショッピングは、ポイント1.5倍になる初年度で済ませましょう。

ステージ制プログラムでポイント最大2.0倍

ライフカードチャレンジカードは、ステージ制プログラムの対象です。ステージ制プログラムでは、次のようにステージに応じたポイント倍率が設定されます。

ステージ名 ポイント倍率 カード利用条件
レギュラー 1.0倍 なし
スペシャル 1.5倍 年間50万円以上
ロイヤル 1.8倍 年間100万円以上
スペシャル 2.0倍 年間200万円以上

さらに年間50万円以上のカード利用で、スペシャルボーナス300ポイント貰えます。年間のカード利用代金の多い方ほど、お得になるのがライフカードチャレンジカードです。

「L-Mall」でポイント最大25倍

ライフカードでは、会員限定のショッピングサイト「L-Mall」を提供しています。「L-Mall」経由でネットショッピングし、ライフカードチャレンジカードで支払いするとポイント最大25倍です。

「L-Mall」に登録しているショップによってポイント倍率が変わります。一部の登録ショップとポイント倍率を次に紹介しましょう。

ショップ名 ポイント倍率
楽天市場 ポイント2倍
Yahoo!ショッピング ポイント2倍
LOHACO ポイント3倍
ビックカメラ.com ポイント3倍
HMV & BOOKS online ポイント3倍

他にも「L-Mall」には百貨店、ファッション、家電、グルメなど、様々なカテゴリのショップが登録しています。

お得な優待割引サービス

ライフカードチャレンジカードには、優待割引サービスが付いています。全国様々な対象施設でお得になるのが、ライフカードチャレンジカードの魅力の一つです。

弁護士無料相談サービス

ライフカードチャレンジカードには、弁護士無料相談サービスが付いています。

事務所によって異なりますが弁護士による法律相談では、30分につき5,000円(税抜)の相談料が必要です。

ライフカードチャレンジカードの弁護士無料相談サービスを利用すれば、相談1回だけでも年会費5,000円の回収ができます。

保険付帯

ライフカードチャレンジカードには、次の旅行保険が付帯されています。

旅行保険詳細
  • 最高2,000万円の海外旅行保険
  • 最高1,000万円の国内旅行保険

旅行中の事故で損害があっても、付帯の旅行保険で保険金を受け取れます。

ライフカードチャレンジカードでは、シートベルト傷害保険も付帯です。シートベルト着用中、事故にあっても付帯のシートベルト傷害保険で保険金が支払いされます。

他にもライフカードチャレンジカードには、カード会員保証制度が付いています。

カード紛失・盗難による不正使用の被害を保証するのが、カード会員保証制度です。

保証期間はカード紛失・盗難の届け出日より60日前までとなります。

届け出日より60日前に発生した被害では保証が受けられないため、カード紛失・盗難が分かったときは、できるだけ早めに届け出を行いましょう。

ライフカードチャレンジカードのメリット、デメリット

ライフカードチャレンジカードのメリットは次の通りです。

独自の審査基準

ライフカードチャレンジカードの最大のメリットとなるのが独自の審査基準です。

一般的にはクレジットやローンの遅延があると、クレジットカードの審査が厳しくなります。

しかし、独自の審査基準を持つライフカードチャレンジカードなら、遅延のある方でも審査対象です。

過去に携帯電話の分割払いを遅延したという方も、ライフカードチャレンジカードなら発行される可能性があります。

メリットがある代わりに、ライフカードチャレンジカードには次のデメリットがあります。

年会費が高い

ライフカードチャレンジカードは、スタンダードでも年会費5,000円と高めの設定です。

年会費5,000円は、若者向けゴールドカード並みの水準となります。

クレジットカードの審査通過に自信のある方は、ライフカードチャレンジカードを選ぶ意味が少ないです。

通常ライフカードとの違いについて

通常ライフカードとライフカードチャレンジカードとの違いを以下の表にまとめてみました。

比較項目 通常ライフカード ライフカードチャレンジカード
年会費 無料 5,000円(税抜)
国際ブランド MasterCard/Visa/JCB MasterCard MasterCard/Visa/JCB MasterCard
ポイント還元率 0.5% 0.5%
ショッピング利用限度額 10万円~200万円 10万円~20万円
キャッシング利用限度額 0万円~200万円 なし
旅行保険・シートベルト傷害保険 なし あり
カード会員保証制度 あり あり
弁護士無料サービス なし あり

ライフカードチャレンジカードは、審査に不安がある方向けのラインナップです。

他社クレジットカードの審査に落ちてしまった方でも申込みできるため、チャレンジというカード名が付いています。

しかし、一般的な審査を実施する通常ライフカードより、ライフカードチャレンジカードのほうが利用限度額は少ないです。

ライフカードチャレンジカードは通常ライフカードの機能がほぼ付いているとはいえ、高額なカードショッピングには不向きとなります。

ステージ制プログラムでスペシャルステージを目指そうと思っても、利用限度額が少ないライフカードチャレンジカードではそう簡単ではありません。

まとめ

ライフカードチャレンジカードは、審査の敷居が低い点に大きな魅力のあるクレジットカードです。

ゼロからクレヒスを積み上げて、他社クレジットカードの審査を有利にしたいときにも役立ちます。

ポイント最大25倍になる「L-Mall」も利用できるため、ネットショッピングが好きな方にもお得になります。

お誕生日月ポイント3倍や初年度ポイント1.5倍などの特典もあるため、ポイントも貯まりやすいです。

ただし、5,000円の年会費を支払いする価値があるのかどうか、申込み前によく考えることが必要です。

クレジットやローンは通常通り支払いしている、安定した収入もあるという方は通常ライフカードに申込みしたほうが良いでしょう。

執筆者紹介

田中実

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー

法学部を卒業後、金融機関在職中にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。退職後、独立系ファイナンシャルプランナーとして仕事に従事。ライフプランの相談は随時行っている。

クレジットカードは20枚程度持っており、クレジットカードに関する知識も豊富。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA