logo

銀行のクレジットカードのメリット デメリット

銀行の発行するクレジットカードと銀行系以外のクレジットカード。

申し込みをするならどちらがいいのか?その答えはあなたの目的次第と言えるでしょう。

そこで今回、銀行の発行するクレジットカードのメリット、そしてデメリットを紹介します。

h2銀行の発行するクレジットカードのメリット

銀行の発行するクレジットカードを銀行系クレジットカードと括ります。銀行、またはその系列の会社が発行するクレジットカードです。

ほかの括りでは流通系クレジットカードやガソリン系クレジットカードなどあります。

それぞれほかの記事で紹介するので参考にしてください。

今回、紹介する銀行系クレジットカードはメガバンクだけでなく全国ほとんどの銀行が発行しているので種類が豊富です。

銀行系クレジットカードの申し込みを検討する際よく利用するメインバンクのクレジットカードを考えていると思いますが大半はクレジットカードを発行しているのでご安心ください。

では、銀行から発行されるクレジットカードのメリットにはどのようなメリットがあるのか?

まずは安心面が言えるでしょう。どこの会社が発行しているのか明確なので安心面ではよく分からない会社が発行するクレジットカードよりも余計は不安は感じることなく申し込みできます。

またそれぞれの銀行により異なりますが付帯サービスを受けることができます。

銀行口座を利用しているとATMの利用は当然あります。

ATMも送金先などが異なると手数料がかかる場合があります。

このようなATM手数料の割引サービスを受けることができたりまたは金利の優遇など銀行の口座を所持しているだけでは受けられない会社のサービスを受けることができるようになります。

また住宅ローンを考えている人は特に知識として頭に入れておいて欲しいのですが銀行のクレジットカードを作る。

クレジットカードを利用して税金や公共料金の支払いを行う。

クレジットカードからの請求は同じ銀行の所持している口座を利用する。

このように銀行のサービスを利用して毎月しっかり支払いを行なっていると銀行からの信用が高くなり大きなお金を借り入れする際の審査につながります。

銀行系クレジットカードの利用で最も大きなメリットと考える人も多く審査には審査基準もありますが材料も必要です。

その材料を集めておくことができるというのも銀行の発行するクレジットカードを利用する大きなメリットになります。

銀行の発行するクレジットカードのデメリットクレジットカードに関しては特に大きなデメリットはありません。

それはどのクレジットカードを利用してと同じです。

しっかり使った分のお金を決まった日にちに引き落としすることでそれぞれのクレジットカードのメリットだけを受けることができます。

ただ、今回銀行の発行するクレジットカードとなると1つ注意しておいてほしい点があります。

それが他のクレジットカードよりもポイントの還元率は低いということです。

銀行の発行するクレジットカードなのでサービス面としては金利アップなど金融系になります。

ポイントに関しては他のクレジットカードと比較すると劣ってしまいます。

銀行のクレジットカードのメリットとデメリットを理解しよう銀行の発行するクレジットカードのメリットを知り利用することでどれだけお得になるのか理解しましょう。

またデメリットとして注意すべき点もあります。

こちらもしっかり理解した上でどの銀行のクレジットカードを申し込むのかあなたの生活に合わせて判断しましょう。

執筆者紹介

田中実

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー

法学部を卒業後、金融機関在職中にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。退職後、独立系ファイナンシャルプランナーとして仕事に従事。ライフプランの相談は随時行っている。

クレジットカードは20枚程度持っており、クレジットカードに関する知識も豊富。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA