logo

オーストラリアでの滞在、旅行でのクレジットカード事情

オーストラリアはオセアニアに位置していて首都はキャンベラ、観光地は「シドニーやゴールドコースト、タスマニア島、エアーズロックからグレートバリアリーフ」まで多くの観光地を含む動物愛護国家として知られています。

日本からも多くのオプショナルツアーがありダイビングからエアーズロックなど自然観光が出来、未だに自然が多く残されている国でもあります。

オーストラリアのクレジットカード事情

クレジットカードはどの程度使えるか?使えない店はあるか?使える店はどんな店で、使えない店はとのような店か?

クレジットカードは多くの観光地で使用でき、観光や、長期滞在でも多くの「ホテルやレストラン」で使用することが出来ます。

主要都市では日本同様に「セブンイレブンなどコンビニ」も多く点在していてもちろんクレジットカードでの支払いにも対応しています。

そのため日本からの旅行の際にもクレジットカードを持っていくと便利な国の一つでもあります。

その他の周辺諸国と比べてもクレジットカードの普及率は非常に高く「ショッピングやブティック」なども多いので支払いの際にはクレジットカードを利用でき、観光の際にレンタカーなどを使用する際にもクレジットカードがあれば身分証明書としても使用することが可能で非常に便利です。

主要の観光地では多くの場所で使用できますが、「郊外の町やアボリジニ(先住民)の村」ではクレジットカードは使用できません。

決済できないクレジットカードはある?

コンビニ、ホテルでは常に使用することが出来、旅行の際にはクレジットカードはマストな国の一つですが、公共の乗り物や路線バスなどではクレジットカードでの決済が出来ません。ブリズベンなどの旧都市の路線バスの利用においては使用することが出来なかったりしますが、ファーストフード店やレストラン、売店では多くの場所でクレジットカードでの決済が可能です。使いやすい国際ブランドはVISAやMASTERカードがおすすめ、提携しているお店の多くが「VISAかMASTER」です。MASTERカードはヨーロッパでも最も普及しているブランドで、オーストラリアにおいても同様、MASTERカードは非常に使いやすく便利です。

クレジットカード利用手数料はあるか?

支払い方法はセービング、クレジットを選択することが可能となりますが、お店の中には手数料がかかり、その分を上乗せ請求されることもあります。(現地ではチップ)と呼ばれています。

この手数料ですが、請求されるのは主にホテルやレストランなどを使用したときに多く加算されることがあり、一般のショッピングでもこの料金がかかるケースも少なくありませんが、主に、観光用のホテルや「高級レストラン、カフェテリア」などで発生する手数料になります。

その率は最大で5%位となりますので高価な買い物をする際にはこの事を念頭において現金で支払いをしたほうが良いケースもあります。

オーストラリアでクレジットカードを持っていてよかったこと

ゴールドコーストなどオセアニアのビーチ観光においてホテルやレストランでの支払いではクレジットカードを持っていると便利です。観光地は夜間も営業しているので絵現金を持っていくよりもクレジットカードで支払いをしたほうが便利で安全です。

「銀行ATMがない郊外の町」もあるのでクレジットカードがれば何かと便利です。

エアーズロックを観光した際にも長距離で移動するので短期滞在、長期滞在、旅先での支払いにはクレジットカードがあれば便利です。

チップの支払いはあるか?

オーストラリアはイギリス領であり母国語も英語となります。

文化的な習慣もヨーロッパの習慣に基づいているのでチップ制度が存在します。

そのためクレジットカードでの支払いにおいても5%の手数料がかかります。

しかし義務ではないので、消費者の心がけ次第と言ったところです。

そのためサービスに満足した時や、高級ホテル、レストランでお食事をした際にはチップを支払うなどしてケースバイケースで支払うように心がけましょう。

オーストラリアでクレジットカードを使う上で注意点はなにかあるか?

オーストラリアでの滞在においてクレジットカードがあれば便利なのは確かですが、オーストラリアではカード利用が普及している分トラブルも多数あります。

スキミングなどの被害も多く確認されていて、帰国してから「高額な請求」が来るケースもあります。PINコードを聞かれても容易に答えないようにし、またATMを利用する際にも手続きは誰にも見られないように注意しましょう。

オーストラリアでのクレジットカードトラブルエピソード

オーストラリアでレンタカーを借りる際にはクレジットカードがマストです。

カードを登録してそのまま事故などがなければ返却して精算することが出来ますが、違反切符などを切られてしまうと罰金金額は自分で支払うか、レンタカー会社を通じてクレジットカードからの引き落としとなります。

スピード違反となると450ドルとかなり高額な金額となりますので運転は注意が必要です。

クレジットカードでの支払いは便利ですが、現地では手数料や罰金などを含めた金額を請求されることもあるので注意が必要です。

執筆者紹介

田中実

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー

法学部を卒業後、金融機関在職中にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。退職後、独立系ファイナンシャルプランナーとして仕事に従事。ライフプランの相談は随時行っている。

クレジットカードは20枚程度持っており、クレジットカードに関する知識も豊富。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA